飛行機にバイバイ

飛行機に乗るときにメディキュットをつかっても大丈夫?危険性とむくみ解消法をご紹介

飛行機を利用する際に気になってしまうのが、【むくみ】ではないでしょうか?

でも!
むくみ予防でメディキュットをつかっても大丈夫?危険性はないの?」と不安に思ったりもしますよね。

ニュースなんか見てると、「飛行機の搭乗者が体調不良になった!亡くなってしまった!」なんてコトも見たりもしますし。なんだか気圧も違うし、着圧ソックスを履くのは危なそう。「よくわからないけど、不安!」と思う方も多いのでは?

そこで!本当に危険なのか、チェックしてみました。

また記事の中では、

  • 飛行機の利用時におすすめなメディキュット
  • 飛行機でのむくみ予防法

こちらの2点もご紹介しています。
早速チェックしてみましょう。

メディキュットを飛行機で履いても大丈夫?危険性はあるかチェックしてみた

「飛行機でメディキュットを履いても大丈夫?危険性はない?」
まずはこちらが気になりますよね?
こちらの点をお伝えしていきますね!

結論から申しますと、メディキュットを履いても大丈夫です!
そちらの理由をご紹介します。

飛行機に潜む!エコノミークラス症候群の危険性

じつは飛行機でよくある体調不良、緊急患者、ニュースになったりするコトといえば、エコノミークラス症候群
これが飛行機でよくある病気なんです。

エコノミークラス症候群って聞いたコトありますでしょうか?
なんとなく聞いたコトある!という人も多いのでは?
「エコノミークラス症候群って何?聞いたことあるけどよくわからない。」という方も多いですよね。きっと。

じつはエコノミークラス症候群って血管の事故なんです。

飛行機や電車などで、長時間同じ姿勢でいると、血圧の流れが悪くなり血のかたまりができてしまって、そのかたまりが肺の血管に詰まってしまうです。
怖いですよね。

肺の血管に血の塊がグッと詰まってしまうと、
「息が苦しい!肺が痛い!」と絶叫してしまうくらいの痛みや苦しさが出てしまう症状があるみたいです。

そして、最悪な場合「かわいそう」なことに、亡くなってしまう方も。

こうなってしまう原因は、
飛行機で長時間座って、同じ姿勢でいるから。
そして、血液の流れが悪くなってしまうから。

「じゃあメディキュットを履くと危ないの?」と思うかもしれませんが、そんなコトはありません。
逆に「着圧ソックスはエコノミークラス症候群の予防効果がある」と言われています。

メディキュットにはエコノミークラス症候群の予防効果がある

エコノミークラス症候群は血液の流れが悪くなってしまい、血の塊ができてしまいます。

ですが!なんと!
エコノミークラス症候群には、着圧ソックスが予防効果があると言われています。

そして、可能であれば、着圧ソックスや弾性ソックスを着用してください!ふくらはぎに圧をかけることにより、深部静脈の血流速度が増加します。血栓予防には血流を良くすることが重要です。車中泊はロングフライト血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)発症のメカニズムと同じです。

引用元:社団法人 日本旅行医学界

こちらは社団法人 日本旅行医学界から引用したものです。
信頼できる情報になりますので、「着圧ソックスはエコノミークラス症候群には効果がある」と信じても大丈夫そうです。

メディキュットは血行を促進する効果もあるので、エコノミークラス症候群の予防もできるみたいです!

そして、気になるのが、
「飛行機を利用する時はどのメディキュットがいいの?」
という点ですよね。

そちらもお伝えしていきますね!

飛行機を使う時のおすすめなメディキュットをご紹介!

「じゃぁ飛行機を使うときはどのメデイキュットがいいの?」
こちらの疑問についてお答えしますね。

ずばり!【寝てしまっても大丈夫なタイプのメディキュット】をオススメ。

おすすめは寝ながらメディキュット!おすすめの理由はコレ!

飛行機に乗る時にオススメのメディキュットは寝ながらタイプのメディキュットです。理由もご紹介していきますね。

飛行機での移動となると、こんなコトはないでしょうか?

  • 搭乗日前は少し気も張っている。
  • 離陸時間に送れないように早めに空港に到着しておく。
  • 航空で長時間待機する。

なんだか搭乗日の前の日って、準備もしなきゃだし、早めに起きなきゃだし、いつもより忙しい1日になってしまう方も多いと思います。

さらに、「電車が遅れちゃったら大変」とか思って、離陸時間のかなり前の時刻に空港に到着しておかなきゃだし、なんだか気も張っちゃいますよね。

そうなると以外に疲れているかも。
そして、飛行機の中でぐっすり眠っちゃう。なんて方も多いのではないでしょうか?

そこで、おすすめなのが、寝ている時に履いても大丈夫なメディキュットです!
寝ながらタイプのメディキュットなら、寝る時の血圧に合わせて設計されているので、飛行機で寝てしまっても大丈夫です。

販売元のメーカーの方では、「寝る時は寝ながらタイプのメディキュットを履いてください」と推奨も。
寝ながらタイプ以外のメディキュットは履かない方がよさそうですね。

【対策法を伝授】飛行機に乗るときにメディキュットを使わずにむくみ解消する方法

そして、
【メディキュットがなくても、飛行機でむくみ予防する方法】
があれば、「やってみたい」と思いませんか?
じつはあるんです。

飛行機で使えるむくみ予防法をご紹介しちゃいます。
それがコチラ▼
長時間の移動に使えるむくみ解消予防法

上記の記事では、
飛行機に乗っている時に使えるむくみ予防法のやり方をご紹介しています。

こちらの方法をすることで、飛行機でのむくみもメディキュットを使わなくても予防するコトができちゃいます。ほかにも長時間座る時なんかのむくみ対策にもオススメですよ!
ぜひチェックしてみてくださいね!

飛行機にバイバイ
最新情報をチェックしよう!