サイドプランクをしている女性

バランスボールでサイドプランク|引き締めにくい脇腹に効いて、くびれ効果あり

脇腹を引き締めるならサイドプランクがおすすめ。
サイドプランクはくびれを作るための筋肉をピンポイントで鍛えてあげることができちゃいます。

そして、バランスボールを使ってサイドプランクをすれば、バランスも取りづらくなり、トレーニング効果も高くなるんです。

今回はバランスボールを使ったサイドプランクの方法をご紹介していきます。

くびれをつくるためのポイント

くびれ

くびれってなかなかできづらいですよね。
じつは腹筋をしているだけでは、くびれ作りはできないです。
くびれを作るためのポイントをお伝えしていきます。

腹斜筋を鍛える

腹筋や腹斜筋は内蔵や脂肪を支えて、ウエストを引き締める効果があるのです。
もしかしたら、ポッコリお腹の原因は腹筋が弱いせいかもしれません。

腹斜筋を鍛える場合は、腹筋だけをしてもお腹の横の筋肉は鍛えることができないので、腹筋をしながら体をひねるなどする必要があります。

体幹、インナーマッスルを鍛える

体幹やインナーマッスルは体の深層部にある筋肉で、ここの筋肉を鍛えてあげることで、お腹まわりの脂肪も燃焼しやすくなると言われています。

また、体幹を鍛えることで、基礎代謝もあがるので、リバウンドもしにくい体をつくることができるんです。

臀筋を鍛える

臀筋はお尻の外側にある筋肉で、こちらの筋肉を鍛えるとヒップアップ効果があります。
たるんでしまったお尻を引き上げるには、臀筋を鍛える必要があるです。

さらに、ヒップアップすることで、ウエストラインも際立ち、くびれ効果がUP。

「たるんだおしりを引き締めたい。」とか「くびれを作りたい。」という場合には、臀筋を鍛えるあげるようにしましょう。

バランスボールを使ったサイドプランクの効果

さきほど、くびれづくりをするためのポイントをご紹介しましたが、じつはサイドプランクがくびれ作りには、もっとも効果的。

サイドプランクをして、主に鍛えられる筋肉は下記のとおり。

  • 腹斜筋
  • 大臀筋
  • 体幹、インナーマッスル
  • 背中下部

さきほどご紹介した筋肉もとうぜん含まれてます。
「くびれを作りたい。」という場合はサイドプランクがオススメ。

バランスボールを使ってサイドプランクをやる方法

それでは、バランスボールを使ったサイドプランクのやり方を動画でチェックしてみましょう。

ミニバランスボールを使ったサイドプランク

こちらはミニバランスボールを使ったサイドプランクです。
バランスボールを足先で挟むことで、さらにバランスが取りづらくなっちぃます。
その分、体幹やインナーマッスルを鍛えてあげることができます。

バランスボールを使ったサイドプランク

こちらはバランスボールを使ったサイドプランクになります。
大きめのバランスボールを挟むことで、下半身を引き締める効果もUPします。

くびれを作りたいならサイドプランクをすべき

どうでしょうか?
バランスボールを使ったサイドプランクのやり方はわかりましたでしょうか?

いつものサイドプランクよりも、バランスボールを使えばさらに効果的に。
「ウエストを引き締めたい。」とか「くびれが欲しい。」という方は、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事まとめ

サイドプランクをしている女性
最新情報をチェックしよう!