トマトスープの入った白い皿を手に取る

「食前」と「食後」ウォーキングダイエットで痩せるのどっち?

  • 食後にウォーキングしてもダイエット効果あるのかな?
  • 食べる前にウォーキングした方が痩せるの?
  • どっちが良いのか気になる?

そんな方にぴったりの記事です。

食前にするウォーキングと食後にするウォーキングはダイエット効果が違ってくるです。

「歩いてやせたい。」という方は2つの違いを確認しておきましょう。

ウォーキングダイエットは酸素もたくさん吸って健康にもいいですし、たくさん空気も吸って体に元気も与えてくれます。ぜひやってみてくださいね。

それでは、「食後」と「食前」のウォーキングダイエットの効果の違いを紹介していきます。

食前と食後のウォーキング効果の違い

食前と食後、ウォーキングするならどっちがいいの?と気になっちゃいますよね。

せっかく雨に濡れながら、汗が滴るほど毎日、毎日歩いているのにダイエット効果がなかったら、「頑張って努力して歩いたのにムダになっちゃった…。」とがっかりしちゃいますよね。

そうならないためにも、食前と食後のウォーキングダイエットの効果の違いを知っておきましょう。

違いはズバリ!下記のとおりです。

  • 食前にウォーキングすると痩せる
  • 食後にウォーキングすると太らない

このような違いがあるんです。

詳しく紹介していきますね。

食後ウォーキングはスタイルが維持してくれる

さきほど、食後にウォーキングをすると、太らない。とお伝えしました。

「なんで食後に歩くと太らないの?」この様に思う方も多いハズ。

食後に歩くと太らない理由は、糖質を脂肪に変えるのを防ぐからなんです。

脂肪になる順番は下記のとおりです。

  1. ゴハンを食べる
  2. 糖質がカラダの中に入る
  3. 血糖値が急激にあがると、インスリンが分泌される
  4. 血液の中にある糖を脂肪に変える

上記のとおりで、ゴハンを食べて、血糖値が急激にあがると脂肪に変えてしまうんです。

食後のウォーキングは血糖値が上るのを防いでくれる効果があり、脂肪に変えるの防いでくれるんです。
食後に1時間たったら、血糖値が上がると言われています。1時間です。

食後30分以内にウォーキングをすると、血糖値が上がるのを抑えてくれる効果があるんです。つまり!食後にウォーキングをすると、脂肪をつきにくくなる効果があるんです。

食前ウォーキングは脂肪を撃退してくれる

それでは、次に食前にウォーキングすると、どの様な効果があるのかお伝えします。

食後のウォーキングは脂肪がつくのを防いでくれる効果がありました。しかし!食前のウォーキングの場合は付いてしまった脂肪を燃焼してくれる効果があるんです。

  • 食前に歩くと脂肪が燃焼する
  • 食後に歩くと脂肪が付きにくくなる

ふたつの違いはこのようになります。

食前に歩いた場合は、付いてしまった脂肪を燃焼させる効果あるんです。

食前に歩くと、体の中にエネルギーがあまりない状態になります。そうなると、脂肪を運動するためのエネルギーに変えるので、脂肪が燃焼されていくんです。

ですので、「ぽっちゃりしてしまったお腹が気になる。この脂肪をとりたい。」という時には、ゴハンを食べるまえに歩くと良いんですよ。

やせたいなら、どちらが良いの?

では、「やせたい。」と思っている場合は、どちらの方で歩くのが良いのお伝えします。

ズバリ!食前に歩くのをオススメします。

なぜなら、食前に歩くと脂肪が燃焼して痩せるからです。食後に歩いた場合は太りくしてくれる効果はありますが、痩せる効果は薄くなっちゃいます。

ただし、注意点がひとつあります。
食前といっても、まったく何も食べていない状態で歩くと、めまいや貧血になってしまう危険もあります。

ですので、バナナなど少しだけ食べてから運動するようにしましょう。バナナ1本程度でしたら、問題ありませんので大丈夫ですよ。

ウォーキングはダイエット効果だけでなくて、健康にもいいんです。適度に歩くと気分転換にもなるので、なんだかモヤモヤするなぁ。なんて時にもぴったり。

ぜひウォーキングをする習慣をつきてみてくださいね。

パティポップの無料イベントはこちら▼