フォワード巻きの巻き方|フォワード巻きのヘアアレンジ集もご紹介

巻き髪初心者さん必見!
フォワード巻きの巻き方をご紹介します。

「フォーワード巻きってどうすればキレイに巻ける?」
なんて思っる方はこちらの記事がピッタリ。
コテを斜めにするフォワード巻きですが、可愛く巻ける方法を動画付きでご紹介していきます。

さらに!
フォワード巻きのヘアアレンジ集もピックアップしました。記事の後半でご紹介します。
それでは、さっそくチェックしていきましょう。

フォワード巻きの特徴

「フォワード巻きってどんな風に巻くのかよくわからない。」
なんて思う方も多いのでは?

フォワード巻きはコテを斜めにしながら巻いていきます。
縦巻き、横巻き、フォーワード巻きなどありますが、違いを確認してみましょう。

  • 縦巻きは、コテを地面と垂直の角度で巻きます。
  • 平巻きは、コテを地面と並行の角度で巻きます。
  • フォワード巻きは、コテの角度にして斜めにして巻きます。

このようにして見てみると、わかりやすいのではないでしょうか?

また、フォワード巻きですが、その中でも2タイプに分かれます。
それが、【外巻き】と【内巻き】。
※コテを斜めの角度にして内巻きをする場合は、リバース巻きとも言われています。

リバース巻きですと、可愛くガーリーな雰囲気に仕上がります。
フォーワード巻きですと、上品にエレガントな雰囲気に仕上げてくれます。
こちらの違いは、動画でご紹介していきますので、雰囲気をチェックしてみてくださいね!

まずはフォワード巻き(外巻き)です。チェックしてみましょう。

次はフォワード巻きになります。

どうでしょうか?
比較してみると、雰囲気がわかりやすいですよね。

では、フォワード巻きのヘアアレンジ集もご紹介していきますね。

フォワード巻きでできるヘアアレンジ集の紹介

ミディアムヘアのフォワード巻き


引用元:Instagram

こちらはミディアムヘアのフォワード巻きです。
ふわふわ、大人っぽさも演出してくれて、可愛らしさもある印象に。
髪にボリューム感もあるので、小顔効果もありそうです。

フォワード巻きとリバース巻きのミックス巻き+外ハネ

どうでしょうか?
こちらの髪型はフォワード巻きとリバース巻きを組み合わせるミックス巻きになります。
少し派手めないい感じに仕上げてくれるのではないでしょうか?
遊びに出かけるときにもオススメなヘアスタイルです。

さらにこちらの髪型は外ハネもしています。
外巻き+ミックス巻きで、魅力アップしちゃいましょう。

ロングヘアのフォワード巻き


出典元:Instagram

ロングヘアでフォワード巻きをすれば、魅力UP間違いなし。

こちらの髪の巻き方は、毛先側の方だけ巻いていること。
髪全体は巻かずに、毛先の方だけ巻いています。

ロングヘアのストレートだと地味な印象に見えちゃうと思う方も多いのでは?

少し巻くだけで印象もガラリと変わりますよね。
ちょっと手間をかけるだけで、見た目の雰囲気も変わってくるのでぜひやってみてください。

フォワード巻きを上手に巻く方法

髪を巻く時のヘアスタイリング剤の効果

ヘアスタイリング剤の効果をご存知でしょうか?
髪を巻くときにヘアスタイリング剤を使う主な効果は2点。

  • コテで巻いた髪をキープしてくれる
  • コテの熱から髪を守ってくれる

こちらの2点になります。

髪型をキープしてくれる

日本人の髪は、海外の方と比べるとセットをしてもすぐに戻ってしまうと言われています。髪の断面が円形で直毛の方が多いので、髪を巻いてもすぐに戻ってしまうんです。

髪をキレイに巻いても、元の状態に戻りやすく緩くなってしまいます。そして、湿気に触れると、さらに湿気髪が崩れやすくなってしまいます。
そうなってしまうと、せっかくキレイに巻いたのに、
「なんだか髪が崩れちゃってる…。」なんてテンションもガタ落ち。

ですが、スタイリング剤を使えば、髪を崩れにくくしてくれるんです。
スタイリング剤を使うことで、髪もキープしてくれ、湿気からも守ってくれます。
そうすると、セットした髪が長持ちしやすくなります。

コテの熱から髪を守ってくれる

さらに!
スタイリング剤を使うことで、コテの熱から髪を守ってくれるんです。
これは嬉しいですよね。

髪を巻くときはコテの熱を利用して巻くのですが、
熱にふれると髪を傷める原因にも繋がります。

じつは髪はタンパク質で作られているので、熱に弱い特性があるんです。
このタンパク質ですが、長期間、何度も何度もコテで熱していると髪が傷んでしまいます。髪がパサパサなダメージヘアになっちゃうんです。
髪が傷んじゃったら最悪ですよね。

ですが、ヘアスタイリング剤を使うことで守ってくれる効果も。
スタイリング剤には下記のようなものがあります。

  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • トリートメントタイプ
  • ミルクタイプ

などなど。
こちらのタイプのスタイリング剤なら髪を守ってくれます。

スタイリング剤のまとめ

スタイリン剤には、2点の効果があります。

  • 巻いた髪をキープする効果
  • 熱から髪を守ってくれる効果

こちらの2点の効果があるので、
髪を巻く時はスタイリング剤を使うようにしてみてくださいね。

フォワード巻きのまとめ

今回は、「ファワード巻きのやり方」「ヘアスタイルアレンジ集」「ヘアスタイリング剤の効果」についてご紹介させて頂きました。

髪型を変えるだけで、印象もガラリと変わるので、ぜひ巻いてみてくださいね!

また、パティポップでは、その他にもいろんな巻き髪をご紹介しています。
気になる方は記事のリンクもチェックしてみてください。

記事はこちら▼
「巻き髪の種類」と「特徴」を画像付きで紹介