ネイルブラシ

ジェルネイルでブラシクリーナーに代用できるモノは何?家、身近にある代用品はコレ

  • ジェルネイルのブラシクリーナーがない。
  • ブラシクリーナーってちょっと高いし、安いのないの?
  • 代用できるのあれば知りたい。

ジェルネイルはすぐに固まってしまうので、ブラシのお手入れを雑にしちゃうと、ブラシがすぐに使えなってしまいますよね。

過去にジェルネイルのブラシクリーナーも販売したことがあり、成分などにも詳しいので、販売者の視点で洗浄効果のあるオススメ代用品をご紹介しますね!

こちらの記事では、

  • 家にあるものでブラシクリーナの緊急用の代用品
  • 家の近くで買えるブラシクリーナーの代用品

こちらをご紹介していきます。

さらに、できれば安い方がいいですよね。
ブラシクリーナーの代用品で安く購入できるモノをご紹介しますね。

ネイルブラシをちゃんとお手入れすれば、綺麗なネイルもできるハズ。

ジェルネイルのブラシクリーナーの代用できるモノは何?

ネイルブラシを使う

ジェルネイルのブラシって、ネイルした後にちゃんとお手入れをしないと、ブラシの中にネイルが残ってしまって、色素沈着してしまって、次に塗る時にうまく濡れなかったり、ブラシが固まってしまったり。

そうなると、ネイルもキレイにできない!
なので、お手入れって大切ですよね。

ブラシクリーナーの代用品についてご紹介していきますね。

ブラシクリーナーの主な成分はエタノール

ブラシクリーナーの主な成分はエタノールです。

写真添付

エタノールはネイルの油分を溶かし、分解し、洗浄してくれるんですよ!

水で洗っても、油分は真逆な性質なので、全然落ちない。
水などでブラシをお手入れしても、ブラシの中にネイルが残ってしまいます。
そうなると、次にネイルする時に色が混じったり、固まったりしちゃいます。

油分がしっかり落とせるもので、お手入れしましょう。
そうした方が、ブラシも長持ちするし、キレイにネイルもできますよ!

【応急処置】家にあるもので代用するなら中性洗剤(食器用洗剤)

「家にあるももので代用できるのって何?」
こんな風に思う方も多いはず。

オススメのモノを紹介します。
それが中性洗剤。
中性洗剤なら、油分の洗浄効果もありますよ!

ただし、注意点としては、水で薄めたりする必要があります。
多少面倒と感じてしまう方もいるかも。

中性洗剤を使ったブラシを洗浄する方法をご紹介しますね。

中性洗剤を使ってブラシをお手入れする方法

お手入れ方法はこちら。

  1. コップに水を入れて、中性洗剤をチョコッと入れて薄める。※割合は水200:中性洗剤1くらい。
  2. コップの中にブラシを入れて、振りながら油分を洗い落とす。
  3. 水が汚れて来たら、洗浄液を作り直して洗浄する。
  4. 洗浄液が濁らなくなってきたら、ブラシを水ですすぐ。
  5. タオルなどで、水を拭き取る
  6. 乾かす。(日陰干し)

中性洗剤を使った洗浄方法は上記の通りです。
このようにすれば、ブラシの油分もしっかり落とせて、ネイルをする時も爪にキレイに馴染むハズ。

ブラシクリーナより安い代用品ならコレ

「中性洗剤以外の代用品ってある?水で薄めたり面倒」
こんな風に思う方にオススメな代用品もご紹介しますね。

オススメは無水エタノール。

価格.comで【ブラシクリーナー】と【無水エタノール】の価格を比較してみると、
ブラシクリーナーが2000円を超える程度で、無水エタノールが1300円で販売されています。
価格.comの商品ページもリンク貼っておきますね。価格は変動している可能性もあります。
価格.comの無水エタノールの商品ページ

無水エタノールの方が安く購入できますよ!

無水エタノールを使ってブラシをお手入れする方法

それでは、お手入れ方法をご紹介しますね。

  • 小皿にエタノールを入れる。
  • ネイルブラシを動かしながら汚れを落とす。
  • 洗浄液が濁ってきたら入れ替える
  • 洗浄液が濁らなくなってきたら、タオルで拭いて乾かす。(日陰干し)

中性洗剤で作る洗浄液と比べると、
水で薄めたりしなくてもいいので、楽ちんですよね。

ちょっとお金がかかっちゃうかもですが、無水エタノールを使ってみるのもいいかも。

ジェルネイルのブラシクリーナーの代用品:お手入れする時のポイント

メイクルーム

最後にブラシをお手入れする時のポイントをご紹介しますね!

洗浄液を使って、油分をしっかり落とすのは、当たり前なのですが、ポイントは乾かし方です。

ブラシの毛は繊細です。少しでも傷んでしまうと、ネイルを塗る時にうまく爪に馴染まずに、微妙なネイルになっちゃいます。
そうなってしまうと、せっかく時間をかけてネイルしたのに、「ムラもあるし、キレイにネイルできない。」とガッカリしちゃうかも。

お手入れでやってはいけない厳禁なコト

絶対NGなコトも紹介しておきますね。

ドライヤーを使って乾かす

これをやったら、ブラシの毛がすぐ傷んでしまいます。
「早く乾かしたい。」と思う場合もあるかもしれませんが、ドライヤーは使わないようにしましょう。

必要であれば、予備のネイルブラシも準備しておきましょう。

直射日光を当てて乾かす

ブラシを乾かす時は
「直射日光に当てた方が良さそう。」
となんとなく思っちゃうかもですが、これNGなんです。

直射日光に当てちゃうと紫外線でブラシが傷んでしまうんですよ!
絶対にしないでくださいね。

そうならない為に、
ブラシを乾かす時は日陰で乾かすようにしてくださいね。
風通しがよければ、なお良いですよ!

ネイルブラシ
最新情報をチェックしよう!