髪が崩れない!巻き髪をする時におすすめなコテの温度

コテで巻き髪をしようとした時にどれくらいの温度で巻くのがベストなのかな?適度な温度をしりたい。なんて思った事はありませんか?

コテはいろいろな温度で調整できますが、ヘアスタイルや毛質によってほどよい適度な温度があります。こちらの記事を読むことで、どれくらいの温度で巻けばいいのかわかる様になりますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

髪の硬さべつコテの温度

巻き髪をしている女性
出典元Instagram

出かける前に早めに起きて、鏡を見ながら髪を巻いたのに、夕方頃になったら髪が崩れてるってなったら本当にショックですよね。

なんならセットしなきゃよかった。ストレートのほうがよかった。なんて思ったり。

髪崩れしてしまうのは、適度な温度で巻けていないのかも。

髪の細さはひとによってバラバラです。髪が硬い人は太めですし、細い人はやわらかい毛質になります。

この細さがバラバラなので巻くのに適した温度も違うんです。一生懸命セットして、完成した♪なんて喜んでいたのもどこへやら。

時間が刻々と経つごとに、ちょっとずつちょっとずつ崩れてしまうんです。

髪がかたい人は巻き癖がつきにくいので、温度を高めにする必要がありますし、髪がやわらかい人は巻き癖がつきやすいので、温度が低くてもきれいに巻けます。

逆に温度を上げ過ぎてしまうと髪が傷んでしまいパサパサ髪になっちゃうかも。ショックですよね!パサパサ髪なんて嫌ですよ!

ツヤツヤな髪を保ちたいですよね♪程よい温度で髪を巻きましょう。

髪の硬さによるほどよいコテの温度をご紹介します。

硬い毛質

毛質がかたい人は髪が太いので、温度は高めのほうがいいです。毛質がかたい人の場合、最適な温度は170~180度くらいが適温といわれています。

温度が低すぎてしまうと、せっかく巻いた髪に崩れてしまいます。ですから巻きが甘い場合は温度を上げた方がいんです。髪が傷まないかな?大丈夫かな?と不安になりますが、ちょっと高めの温度にしてみましょう。

そうすることで、時間が経過して髪がくずれてしまうという事も少なくなります。

普通の毛質

そんなに硬くもないし、やわらかくもないという普通の硬さの毛質の人はコテの温度は160度くらいがベスト♪

柔らかい毛質

髪がやわらかい人の場合、ほどよい温度は150~160度くらいがちょうどよいです。

やわらかい髪質の方は傷みやすい髪質でもあるので、注意が必要です。長時間当ててしまうと、パサパサな髪になっちゃうんです、、、。

やっぱりストレートヘアのときはツルツルな髪の方がいいですよね。友達にも髪がツルツルでうらやましいなんて言われたら、嬉しくってニヤニヤしちゃいますよね。

もし、やわらかい髪質という方は、ワックスなどを使って、熱で髪を傷めないよに工夫してみるのもオススメですよ。おすすめワックスについては、下記の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。
もう髪を傷めない!巻き髪におすすめなワックス4選

くせ毛べつのコテの温度

出典元Instagram

それでは、次はくせ毛べつにあったコテの温度を紹介していきますね。

「どれくらいの温度でみんな巻いているのかな?」と思ってお友達に聞いてみたら、私そんなに温度上げないよ!ちょこっとコテを当てたらできるよ!言われてやってみてもうまく巻けない、、、。

という場合は髪のくせによっても違うです。

お友達がストレートの場合は、そんなに温度を高くしてなくて綺麗に巻けますが、髪にくせがある人は、高めの熱でくせを直して巻いていく必要があります。

髪がまっすぐなのか、くせがあるのかでも変わってくるので、そちらのおすすめな温度も紹介していきますね。

ストレートヘア

ストレートヘアの方がコテを使う時は、160度程度がオススメです。

髪もストレートなので、とくに癖はないため、巻きやすい髪でキープもされやすい髪質です。

髪の太さによっても、多少温度は上下しますが160度くらいで良いと思います。もし、160度で巻いてみて、巻きが甘かったり、強く巻きすぎてしまうという場合には調整してみて下さいね。

くせ毛

最後はくせ毛の髪を巻く時の温度です。オススメな温度は170~180度になります。

さきほどもお伝えしましたが、くせ毛の方はそのくせを直しながら巻く必要があります。ですから、高めの温度にした方が良いんです。温度が低すぎる場合はきれいに巻けずに、時間が経つと崩れちゃうです。

朝に巻いて、お仕事おわりの時間になると、巻いた髪が崩れちゃってる。という方は、少し温度を高めてみるのもオススメ。そうすると「すごいぃ!髪が崩れていない。」なんて嬉しくなっちゃうかも♪

スタイリング剤で固めることも大切ですが、実は熱が弱くて戻ってしまうという場合もあるんです。スタイリング剤を使ってもくずれやすい。という方は温度を調整してみて下さいね。

コテの温度を設定するときの補足

また、巻く時の温度は、コテの使い慣れた人や初心者さんによってもベストな温度は変わってきます。

たとえば、コテを使う人の慣れている方は髪に当てる時間も短くなりますし、慣れていないとコテを髪に当てる時間は長くなりますよね。とうぜんコテを当てる時間が長さによっても、ベストな温度は変わってきます。

私はコテが上手だと思うという方は、高めの温度で設定して短時間で巻いても、綺麗に巻けることができます。「私あんまりコテ得意じゃないの。コテって難しいなぁ。」と思っている場合は時間をかけていいように、温度も低めにしましょう。

そうすれば、時間がかけて練習しながら巻けますよ♪

最初は記事の温度で試してみすことがオススメですが、その後は自分に合った温度で調整してみてくださいね。