メディキュットの着用時間はどのくらい?昼用と夜用を効果的に履いてむくみ解消!

気づけば足がパンパンに。立ち仕事やデスクワークで働く女性にとって厄介なのが、むくみ。
そんなむくみもメディキュットを履けば解決できちゃう♪

だけど、「どれくらいの時間履けばいいの?」なんて思うコトはありませんか?

こちらの記事では、
昼用メディキュットと夜用メディキュットの効果的な着用時間をご紹介します。
メディキュットを使って、むくみをやっつけましょう。

メディキュット昼用の履く時間はどのくらい?

お仕事中にメディキュットを「ずっと履いてても大丈夫?」「血行が悪くなったりしない?」と不安に思うこともあるのでは?

そこで!
ずっと履いても大丈夫なのかお伝えします。

なんと!長い時間履いても大丈夫みたいです♪
こちらはメディキュットを制作しているメーカーのホームページのQ&Aになります。

Q.一日何時間くらいはいてもよいですか?
A.特に限度はありません。

メディキュット公式ホームページから引用

そうです。メディキュットを作っている会社が公式ページで載せてあります。長い時間履いても安全に設計されてますので、大丈夫そうですね!

ですので、
お仕事中など、メディキュットを使っている人、これから使おうと思っている方は、特に着用時間を制限しなくても大丈夫です!
「ふくらはぎがパンパンできつい!やばい!」なんて思っている方は、とくに着用時間を気にせず、むくみ対策をしちゃいましょう♪

メディキュット夜用の履く時間はどのくらい?

ただし注意点がひとつ。
それは、就寝時には寝ながらメディキュットを使いましょう。
理由はこちら▼

Q.就寝時に着用して眠ってもよいですか?A.「寝ながらメディキュット」は、寝るとき専用に設計されていますので、就寝時に着用できます。その他の商品は、寝るときを考慮した設計になっていませんので、不快になる可能性があるため、寝るときには、着用なさらないでください。

メディキュット公式ホームページから引用

そうです。「就寝時には昼用のメディキュットは使わないで!」と注意喚起がされてるんです。
なんでダメなの?と思ったので調べてみました。

寝ている時は血圧も下がるので注意!

昼間の時間と寝ている時の時間の血圧を比較してみると、寝ている時の方が血圧が低いそうです。

昼間の時間は仕事で動きまわったり、歩くことも多く、心臓もバクバクとよく動いてくれるみたいです。

ですが、睡眠時は体全体がゆっくり休んでいます。その時間帯を使って、体のケアをしたり、体調を整えてあげる時間になります。
その分、血圧も下がるみたいです。

そこで、昼用のメディキュットを使うと、締め付けがきついので、血管も締め付けられてしまい、心臓に常に負担がかかってしまいます。

せっかく睡眠時に体を休ませてあげてるのに、心臓に負担を与えてしまい、それが長期的になると悪影響がヤバい!

夜時間は「寝ながらメディキュット」でむくみ対策

夜に履く時は、寝ながらメディキュットを着用するようにしましょう。
そうすれば、眠っている間もむくみ対策をしてくれて、ぐっすり眠れちゃいます♪

「寝ながらメディキュット」なら睡眠時の体に合わせた設計がされています。体にも負担を与えないように安全に作らています。ですので、夜時間は絶対寝ながらメディキュットを使うべきです。

昼用メディキュットを履いて寝てると、「寝苦しい。寝れない。」という声もありますが、寝ながらメディキュットに切り替えると、ぐっすり眠れるようになったという声も多くありました。

睡眠時は寝ながらメディキュットを使うようにしてくてださいね。

メディキュットの効果的な着用時間

メディキュットを履く時間は特に制限はありません。
時間を気にすることなく履いても大丈夫みたいです♪

ただし、夜時間(睡眠時)には注意が必要
睡眠時には寝ながらメディキュットを着用するようにしましょう。
睡眠時は血圧が低く、昼用のメディキュットは体に負担を与えてしまうみたいです。

最後にまとめを作ってみました♪
まとめだけ見ればサクッとわかっちゃいますね。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

メディキュットを履けば、ふくらはぎや足の甲がパンパンという場合もむくみが解消できちゃいます。足の疲れもとれるので、ぜひ使ってみてください!

最新情報をチェックしよう!