ダイエットWEBマガジン|パティポップ
一人でデキるダイエット法をご紹介

お腹にくびれができる腹筋のやり方|「キュッと可愛いくびれ」になる方法

モデル

キュッと細くて、モデルみたいに可愛いくびれになりたい。
なんて思っていませんか?

「モデルみたいなくびれになりたい。」と思っている方でも、
腹筋のやり方が間違っていると、あの“ほそくて可愛いくびれ”にはなれないんです。

でも、大丈夫です。
こちらの記事では、くびれをつくる腹筋のやり方をご紹介していきます。

「どうすれば、キュッと可愛いくびれをつくることができるの?」
こんな風に思っている方にオススメな記事です。
さっそくチェックしていきましょう。

お腹にくびれをつくるには、どうすればいいの?

「くびれをつくりたい!」と思って、がんばって腹筋をしても、やり方が間違ってると、くびれはつくることはできません。

がんばってるのに、もったいない。
だから、まずはくびれをつくるためにはどうすればいいのか。というコトを知ってから、トレーニングを初めましょう。

そこでお伝えします。
くりれを作るため何が必要なのか。

それは、“お腹全体の筋肉を鍛えること”です。
お腹の筋肉は、前側の筋肉や横側の筋肉がありますが、
その全体の筋肉を鍛えることで、くびれをつくることができます。

くびれのある女性
くびれるためには、お腹全体の筋肉を鍛える

「なんでお腹全体の筋肉を鍛えるとくびれができるの?」
と思いますよね。

じつは、
お腹の筋肉は、内蔵を支えてくれる役割があるからです。
内蔵を支えるお腹の筋肉を鍛えると、内蔵が正常な位置に移動します。
そうすると、くびれをつくることができるんです。

逆にお腹全体の筋肉がゆるんでしまうと、内蔵の位置がずれてしまい、ぽっこりお腹の原因にもなってしまいます。

ですので、「モデルみたいに細くて可愛いくびれになりたい。」
という場合には、お腹全体の筋肉を鍛えることが必要なんです。

想像すると、怖くないですか?
内蔵の位置がずれるなんて。
なんだか体によくなさそうですし。

だから、お腹全体の筋肉を鍛えた方が見た目も可愛いですし、健康にも良いですので、
お腹全体の筋肉を鍛えていきましょう。

キュッと締まって可愛いくびれをつくる『くびれ腹筋』のやり方

それでは、くびれをつくるための『くびれ腹筋』のやり方をご紹介しますね。

くびれをつくるためには、お腹全体の筋肉を鍛える必要がある。とお伝えしました。
そこで、おすすめする腹筋のやり方は下記の方法です。

くびれ腹筋のやり方|大切なのは『ツイスト運動』

くびれ腹筋に必要なことは、“ツイスト運動”です。
お腹をひねりながら腹筋をすることで、前側の筋肉と横側の筋肉を鍛えることができます。

では、どのようにお腹をひねればいいのか、チェックしてみましょう。

  1. 仰向けになる。
  2. 手を組んで、頭の下におく
  3. 膝を曲げる。
  4. 上半身を起こす。このとき上半身と下半身の角度が90度くらい。
  5. 右に、左にグイッグイとお腹をひねる
  6. 5を10~20回程度やりましょう。

これでOKです。

上記の運動をすれば、お腹の『前側の筋肉』や『横側の筋肉』を鍛えることができるので、くびれをつくることができます。

かるめのツイスト運動|きつい運動はイヤという方におすすめ

また、さきほどお伝えしたツイスト運動が
「ちょっときつい。もっとかるい運動のやり方が知りたい」
なんて方には、下記の運動もお伝えしておきますね。

  1. 仰向けになる。
  2. 上半身と下半身を90度になるように、かかと裏を天井に向ける
  3. 膝を90度に曲げる
  4. その状態で、膝を右に左にゆっくり倒す。
  5. 4を10~20回程度する。

きつい運動が苦手という方は、こちらのやり方でも大丈夫ですよ!
やってみてください。

くびれ腹筋は1週間に2回程度でOKです

「くびれをつくりたいけど、毎日やるのって大変。できれば、あまりやりたくない。」
なんて方に嬉しいお知らせがあります。

じつは、くびれ腹筋は、毎日やらなくてもいいんです。
これは、筋トレメニュー全てのことに言えます。

筋肉は、トレーニングをしてダメージを与えて、回復することで、筋肉細胞が大きくなります。
そして、筋肉細胞の回復にかかる時間は、2~3日程度と言われています。

ですので、筋トレをしてから3日程度はトレーニングをしなくても良いんです。
週に2回程度のトレーニングで大丈夫ですよ!
ちょっとずつトレーニングしていきましょう。

また、「もっとラクしてくびれをつくりたい。」なんて方には、
EMS腹筋ベルトもおすすめです。

こちらのアイテムを使えば、微弱電流が筋肉を刺激して、筋肉を動かしてくれます。
「最新アイテムを使って、負担をかけないトレーニングもやってみるのもいいのでは?」なんて思います。
下記の記事でEMS腹筋ベルトについて、記事にしていますので、そちらもチェックしてみてください。
EMS腹筋ベルトは『お腹のたるみ』に効果あり!効果的な使い方もご紹介